3(b) Control Lines and Fittings

 

3(b) コントロールラインと艤装品

 
i. Control lines shall be natural or synthetic rope, except that aramid fibre (e.g. kevlar) is not permitted for the boom vang or cunningham control systems.   i.コントロールラインには天然素材や合成素材のロープを使用してよいが、ブームバングとカニンガムにはアラミド繊維(ケブラーなど)を使ってはならない。(2019年 削除) 
 
ii. Control lines shall be of uniform thickness and shall not be tapered except for the purpose of a splice at the load bearing attachment point.   ii.コントロールラインは均一の太さでなければならず、荷重のかかる取付点でスプライスする場合を除いて、テーパーがかかっていてはならない。(2019年 変更) 
 
iii.In a control line system where more than one control line is permitted, lines of different diameter shall not be joined together.   iii.2本以上のコントロールラインを使用できるコントロールラインシステムで、直径の異なるロープをつないで使用してははならない。 
 
iv.“Optional” blocks allowed in cunningham, vang or outhaul control systems, shall have sheaves of diameter not less than 15 mm and not more than 30 mm.   iv.カニンガム、ブームバング、アウトホールのコントロールシステムに「オプションの」ブロックの使用が許されているが、そのシーブの直径は 15mm 未満であってはならず、かつ 30mm を超えてはならない。 
 
 Thimbles allowed to reinforce rope loops used as “Turning Points” in the cunningham, vang and outhaul control line systems shall not exceed 40 mm in length.    カニンガム、ブームバング、アウトホールのコントロールラインシステムには、「ターニングポイント」として作ったロープのループを補強するためにシンブルの使用が許されているが、その長さは 40mm を超えてはならない。 
 
v.Only single or double “Optional” blocks shall be used.   v.シングルブロックまたはダブルブロックのみを「オプションの」ブロックとして使用できる。 
 A single block means a block with one sheave; a double block means a block with two sheaves.    シングルブロックとはシーブが 1枚のブロックを意味し、ダブルブロックとはシーブが 2枚のブロックを意味する。 
 “Optional” blocks may include a becket, a swivel and/or a shackle.    「オプションの」ブロックには、ベケット、スイブル、シャックルが、それぞれ 1個まで付いていてもよい。 
 
vi. The plastic fairleads and plastic clam cleats may be replaced in the same position with an identical size and shape fitting made of metal.   vi.プラスチック製フェアリードやプラスチック製クラムクリートのかわりに、同一形状・同一サイズの金属製品を同じ位置に取り付けてもよい。(2019年 変更) 
 
vii.The plastic cunningham fairlead may be replaced with one of the same type which has a stainless steel insert, and has the same screw hole positions.   vii.プラスチック製カニンガムフェアリードを、ステンレスの内張りつきで同じ位置にねじ穴がある同じタイプのものに交換してもよい。 
 
viii.“Builder Supplied” Deck Fittings (Deck Block Fitting and Deck Cleat Base)   viii.「ビルダー供給の」デッキ艤装品(デッキブロック取付金具とデッキクリートベース) 
 
 a)deck block baseThe cunningham fairlead may be replaced in the same position with a “Builder Supplied” deck block fitting which may have one or two single “Optional” blocks attached.    a)カニンガムフェアリードのかわりに、1個 または 2個の「オプションの」シングルブロックの付いた「ビルダー供給の」デッキブロック取付金具を同じ位置に取り付けてもよい。 
 
  “Optional” blocks shall not be attached to the cunningham fairlead.     「オプションの」ブロックをカニンガムフェアリードに取り付けてはならない。 
 
  Either the cunningham fairlead alone, or the “Builder Supplied” deck block fitting with single “Optional” block(s) attached may be used to lead the cunningham and/or outhaul control lines to the deck cleat(s).     カニンガムフェアリード単独か、または「オプションの」シングルブロックを取り付けた「ビルダー供給の」デッキブロック取付金具のどちらか一方を、カニンガムやアウトホールのコントロールラインをデッキのクリートに導くために使用できる。 
 
 b)The “Optional” deck blocks may be supported with a spring, ball, plastic tube or tape.    b)「オプションの」デッキブロックは、1個のスプリング、ボール、プラスチックチューブ、またはテープで立ててもよい。 
 
 c)deck cleat baseThe cunningham clam cleat may be replaced in the same position with a “Builder Supplied” deck cleat base for attaching two “Optional” cam cleats (cunningham and outhaul) which have fixing hole centres of 27 mm.    c)カニンガムクラムクリートのかわりに、「ビルダー供給の」デッキクリートベースを同じ位置に取り付け、そこに取付穴間隔が 27mm の、2個の「オプションの」カムクリート(カニンガム用とアウトホール用)を取り付けてもよい。 
  The two cam cleats may include a bridge and a fairlead with or without rollers on the aft exit.     このカムクリートには、ブリッジやフェアリード(出口側にローラーがついたものも可)が付いていてもよい。 
 
 d)Control lines shall not be tied to any of the cunningham fairlead, the “Builder Supplied” deck block fitting and the “Optional” blocks attached to it, the cunningham clam cleat or the “Builder Supplied” deck cleat base and the “Optional” cam cleats, cleat bridge and fairleads attached to it.    d)コントロールラインは、カニンガムフェアリード、「ビルダー供給の」デッキブロック取付金具とそれに取り付けた「オプションの」ブロック、カニンガムクラムクリートまたは「ビルダー供給の」デッキクリートベースとそれに取り付けた「オプションの」カムクリート、クリートブリッジやフェアリードのいずれにも結びつけてはならない。 
 
ix.Rope loop handles covered with plastic/rubber tube and/or tape may be included anywhere on the free end of a control line.   ix.コントロールラインの手元側の端には、ロープを輪にしたハンドルをどこにでも何個でも作ってよく、そのハンドルにテープを巻いたり、プラスチックやゴムのチューブをかぶせたりしてもよい。 
 
x.The free ends of different control lines (except mainsheet) may be tied together and/or tied to any deck fitting or the centreboard, the centreboard handle or a rope loop used to attach a retaining line.   x.コントロールライン(メインシートを除く)の手元側の端は、相互に結んだり、任意のデッキ艤装品、センターボード、センターボードのハンドル、流れ止め取付用のロープの輪に結んだりしてよい。 
 Free ends of control lines shall not be tied to shock cord (except mainsheet).    コントロールラインの手元側の端をショックコードに結んではならない(メインシートを除く)。 
 
xi.To secure the mast in the event of a capsize, a loose retention line or shock cord (that will allow 180 degree plus mast rotation) shall be tied/ attached between the cunningham fairlead or the deck block fitting and the mast tang or gooseneck.   xi.沈をしてもマストが抜けないよう、マストタングまたはグースネック金具をカニンガムフェアリードまたはデッキブロック取付金具に、流れ止めロープやショックコードでゆるく(マストが 180度以上回転できるように)つながなければならない。 
 Clips, hooks, shackles and balls may be used to attach the retention line.    マスト流れ止めロープの取り付けに、クリップ、フック、シャックル、ボールを利用してもよい。 
 
xii.Reference points (marks) may be placed on the deck, spars and ropes.   xii.デッキ、スパー、およびロープには、目印(マーキング)をつけてもよい。 
ILCA By-Law 1: Rules  クラス規則2018