3(f) Outhaul
        – also see Rules 3(a) & 3(b)

 

3(f) アウトホール
        – 規則 3(a)・3(b) も参照のこと

 
i.The outhaul system shall consist of a maximum of two control lines, “Optional” blocks or loops for purchase and a maximum of 6 “Turning Points”.   i.アウトホールシステムは最大 2本のコントロールライン、テークルや支持のための「オプションの」ブロックやロープのループで構成され、「ターニングポイント」は最大 6箇所まででなければならない。 
 
ii.The outhaul control line shall be attached to either the end of the boom, the outhaul fairlead, the sail, or a quick release system, and shall pass through the boom outhaul fairlead as a moving line at least once.   ii.アウトホールのコントロールラインは、ブームエンド、アウトホールフェアリード、セール、クイックリリースシステムのいずれかに取りつけられ、その動く部分が少なくとも 1回はブームのアウトホールフェアリードを通っていなければならない。 
 The outhaul fairlead shall be at least one of the maximum of 6 “Turning Points” permitted by Rule 3(f)i.    アウトホールフェアリードは、規則 3(f)i で許可された最大 6箇所の「ターニングポイント」の、少なくとも 1つでなければならない。  
 
iii.Additional purchases may be obtained by forming rope loops in the line or adding “Optional” blocks to the line, and/or using the outhaul fairlead, the outhaul clam cleat, the boom, the mast or gooseneck fitting.   iii.ロープの途中にループを作ったり、ロープに「オプションの」ブロックを取り付けたり、アウトホールフェアリード、アウトホールクラムクリート、ブーム、マスト、グースネック金具を利用したりしてテークルや支持点を追加してもよい。 
 
 An “Optional” block may be attached to the outhaul fairlead, provided Rule 3(f)ii is also satisfied.    「オプションの」ブロックをアウトホールフェアリードに取り付けてもよく、それは規則 3(f)ii をも満たしている。 
 
 An “Optional” block may be attached to the outhaul clam cleat.    「オプションの」ブロックをアウトホールクラムクリートに取り付けてもよい。 
 
iv.An “Optional” block may be attached to the clew of the sail, or to a quick release system, or be part of a quick release system.   iv.「オプションの」ブロックを1個、セールのクリューやクイックリリースシステムに取り付けたり、クイックリリースシステムの一部として使ったりしてもよい。 
 
v.One or two “Optional” blocks may be attached to the gooseneck fitting, or at the mast/gooseneck junction with their “Turning Points” not more than 100 mm from the center of the gooseneck bolt (the gooseneck may be inverted).   v.1個 または 2個の「オプションの」ブロックをグースネック金具に、あるいはその「ターニングポイント」がグースネックボルトの中心から 100mm 以内となるようマストとグースネック金具の接合部に、取り付けてもよい。(グースネック金具は天地を逆にしてもよい。) 
 The blocks in this rule may also be attached to the gooseneck with a bolt or a pin.    この条文のブロックは、1本のボルト または 1本のピンでグースネックに取り付けてもよい。 
 
vi. A shock cord for use as an inhaul may be attached around the boom immediately in front of the outhaul cleat or to the outhaul cleat and then to the clew of the sail, the clew tie down, the optional block at the clew, the quick release system or through the clew of the sail and to an optional block in the primary control line.   vi.セールのクリューを前に引くための1本のショックコードを、アウトホールのクリートに取り付けるか、アウトホールのクリートのすぐ前でブームに巻き付けるかして、それからセールのクリュー、ブームタイ、クリューに取り付けたオプションのブロック、クイックリリースシステムのいずれか、あるいはセールのクリューを通したうえでプライマリーコントロールラインのオプションのブロックに取り付けてもよい。(2018年 削除) 
 
vii.Shock cord and/or rope loops (rope loops may be part of the control line) can be tied around the boom and/or the outhaul control lines to retain the outhaul lines close to the boom.   vii.アウトホールのコントロールラインをブームのそばに保持するため、ショックコードやロープ(コントロールラインの一部であってもよい)を、ブームやアウトホールのコントロールラインに巻くようにループ状に結んでもよい。 
 
viii.Deck Led Outhaul System   viii.デッキにリードしたアウトホールシステム 
 
 a)When led to the deck, the outhaul control line shall pass only once through the cunningham fairlead or the outhaul “Optional” single block attached to the “Builder Supplied” deck block fitting and shall pass only once through the “Optional” cam cleat attached to the “Builder Supplied” deck cleat base.    a)デッキにリードする場合、アウトホールのコントロールラインはカニンガムフェアリードまたは「ビルダー供給の」デッキブロックベースに取り付けた「オプションの」シングルブロックを 1回だけ通り、かつ、「ビルダー供給の」デッキクリートベースに取り付けた「オプションの」カムクリートを 1回だけ通っていなければならない。 
 
 b)The boom outhaul clam cleat shall not be removed.    b)ブームのアウトホールクラムクリートを取りはずしてはならない。 
ILCA By-Law 1: Rules  クラス規則2017