前項  |  次項

14. Centreboard

 

14. センターボード

 
(a)A rope handle passing through not more than two holes of maximum diameter 12.5 mm above a line drawn from the bottom of the centreboard stop, parallel to the top of the centreboard is permitted.   (a)センターボードストップの下端を通り、センターボード上端と平行な直線よりも上に直径が最大 12.5mm の穴を 2つまで開けて、センターボードに 1個のロープハンドルを取り付けてもよい。 
 A plastic/rubber tube and/or tape are permitted on the handle of the centreboard.    センターボードのハンドルに、プラスチック製やゴム製のチューブやテープを使ってもよい。 
 
(b)The trailing edge of the centreboard may be sharpened by sanding the blade between the trailing edge and a line 100 mm parallel to the trailing edge, provided the distance between the leading edge and the trailing edge of the blade is not reduced.   (b)センターボードのトレーリングエッジは、リーディングエッジからトレーリングエッジまでの距離を縮めないかぎり、トレーリングエッジと、トレーリングエッジと平行かつその 100mm 内側に引いた直線との間の部分にサンドペーパーをかけてとがらせてもよい。 
 
(c)Surface refinishing of the centreboard is permitted provided the original shape, thickness and characteristics are not altered.   (c)センターボード表面を再仕上げしてもよいが、製造時の形状、厚み、特性を変えてはならない。 
 
(d) One layer of any material of maximum 2 mm thickness and of a maximum size of 30 mm × 30 mm may be applied at the top front corner of the centreboard case.   (d)センターボードケース最前端の最上部に、最大サイズ 30mm × 30mm、最大厚み 2mm までの任意の材質のものを 1層貼りつけてもよい。 
 Vertical cuts are allowed in the material to allow the material to conform to the shape of the centreboard case.    センターボードケースの形に沿うよう、その材質に縦に切り込みを入れてもよい。 
 
(e)A wood centreboard shall not be used on a hull that was originally supplied with a non wood centreboard.   (e)木製のセンターボードは、木製でないセンターボードと共に供給された艇体で使用してはならない。 
 
(f)A tie line or shock cord shall be attached to the small hole in the upper forward corner of the centreboard, and any of the bow eye, the cunningham fairlead, the “Builder Supplied” deck block fitting and the mast to prevent loss of the centreboard in event of a capsize.   (f)センターボード前縁上部の小さな穴にタイラインまたはショックコードを取り付け、それをバウアイ、カニンガムフェアリード、「ビルダー供給の」デッキブロック取付金具、マストのいずれかに取り付けて、沈をしたときにセンターボードが流失するのを防止しなければならない。 
 The tie line or shock cord may be looped around the bow, but shall not be attached to the gunwale.    このタイラインやショックコードはバウを回して導いてもよいが、ガンネルに取り付けてはならない。 
 Attachment can be by knots or loops in the shock cord, and/or tie lines, shackles, clips, hooks or eyes.    取り付けは、ショックコードやタイラインで結んだり、あるいはその途中に作ったループ、シャックル、クリップ、アイを使ってもよい。 
 When the shock cord is attached to the bow eye it may also pass through an attachment to the “Builder Supplied” deck block fitting or the cunningham fairlead.    ショックコードをバウアイに取り付ける場合、そのショックコードは「ビルダー供給の」デッキブロック取付金具またはカニンガムフェアリードに取り付けた留め具に通してもよい。 
 
(g)The components of the “Builder Supplied” centreboard stopper may be secured together by glue, screws, bolts, nuts and washers, provided the original shape and dimensions are not reduced.   (g)「ビルダー供給の」センターボードストッパーの部品は、オリジナルの形状や寸法が小さくならないかぎり、接着剤、ねじ、ボルト、ナット、ワッシャーで互いに接合してもよい。 
ILCA By-Law 1: Rules  クラス規則2020     前項  |  次項