コンポジット製トップマスト

2016-12-13

レーザーセーラー各位

    ILCAから、新しいコンポジット製トップマストのリリースが発表されました。

    現状は、11月のILCA会議でベンド特性/重量が決まったところで、まずは50本ほどをオーストラリアでテスト販売する予定です。南半球は夏のシーズンなのでヘビーなテストも兼ねたものです。

    北半球での販売に関してはまだ詳細未定です。分り次第お知らせします。

西野 隆文
メジャラー

X     X     X

ILCAの発表
http://laserinternational.org/2016/12/06/laser-class-announces-new-composite-top-mast/

    国際レーザークラス協会(ILCA)はクラス規則に適合したコンポジット製トップマストのリリースを発表できることを嬉しく思います。それは2017年の早い時期に入手可能となる見込みです。
    新しいマストは、現状のアルミニウム製マストと重さとベンド特性が厳密に同じですので帆走性能が向上することはありませんが、アルミニウム製マストで生じるような永久的な曲がりの問題はなくなるでしょう。
    「新しい機材を導入するにあたってのILCAの方針は常に、それが現状の機材と同じ特性を持ち、現状の機材を使った艇とレースをしたときに有利にならないようにすることです」とILCAのエグゼクティブセクレタリー Eric Faust は述べています。「コンポジット製マストはこの目標に完全に合致しています。それは世界のトップセーラーたちによってテストされ、彼らの誰もがセーリングにおいて違いを見いだせなかったとしています。」
    ILCAの Clive Humphris テクニカルオフィサーによると、「新しいトップマストは厳密に開発され、現在のマストと取り替えができることを保証するためにこれまで6年以上にわたってテストされてきました。新しいマストの良さは、耐久性に優れ、アルミニウム製マストにありがちだった永久的な曲がりが生じにくいことです。」
    ILCAの Tracy Usher 会長も同じく、「私はコンポジット製マストの試作品を幅広いコンディションの下で使用してきましたが、アルミニウム製マストとの違いを挙げることはできませんでた。私は同じようにセーリングし、艇の挙動も同じでした。あらゆることが同じに感じられました」と述べています。
    「これは誰にとってもレーザーでのセーリングを容易にするものです」と Usher 会長は付け加えます。「セーラーたちは、マストを立てるときにリベットの位置を注意深く合わせることや、強風で乗った日にマストが曲がっていないかどうかを心配する必要はなくなるでしょう。これは誰にとっても大きな進歩となるでしょう。」
    コンポジット製マストはレーザーの建造マニュアルにおいても完全に認められており、
クラス規則を変更する必要はありません。このマストをビルダーもしくは認定されたディーラーから購入するかぎり、あらゆるILCAの公認大会で使用することができます。
    新しいマストの規格はビルダー、World Sailing、ILCAが密に連携して開発されました。コンポジット製トップマストがクラス規則に適合し、海上においていかなる性能向上ももたらさないため、ILCAも World Sailing もコンポジット製マストの使用をいかなる将来の大会においても制限する必要はないだろうと期待しています。もしその後、新しいマストの使用を制限する必要があるとなったら、それは大会ごとにレース公示で指示されることになるでしょう。

X     X     X