レーザー4.7ユースワールド (開催地 タイ:パタヤ)

2010-04-01

期間 2010年3月31日~4月8日

参加選手
中里 健太(唐津フリート)元津 大地(唐津フリート) 國政 真平(唐津フリート) 与那覇 一成(唐津フリート)
小泉 颯作(光フリート) 北村 勇一朗(浜名湖フリート) 村山 仁美(江の島フリート)国見 綾乃(江の島フリート)
大日向 喜咲(江の島フリート)

参加総数115艇 26カ国
18歳未満男子 45艇 18歳未満女子 40艇 16歳未満男女混合 31艇
大会前半戦を5~7.5mの順風の中順調に終了し、本日はレイデイです。

初日から、3日間、1レース目が5mくらいから徐々に風が上がり始め2レース目には、6~7.5mくらいのいい風が毎回入ってきます。
風向は、210から230度のシーブリーズが安定して入ってきます。

潮流も強い時で1分間に60mほどにもなるときがあります。但し、干満にあわせてはっきりと変わり、単純なのでしっかり認識さえしていればあまり難しくありません。

初日のプラクティスレースは、約半数の選手が、マークタッチをしていて、ジュリーから強力な警告が出て「マークタッチをして回りなおさない選  手は、DNEにするようなルールにするぞ!!」と脅されると、次の本番のレースからは、なんと、マークタッチが1から2艇に減ったのが、さすが、  ワールドクラスのセーラーだと感心しました。

日本選手は、小刻みな波と大柄な海外の選手に体格でのハンディもあり、苦戦していますが、中でもU16の北村 国見両選手は、よく健闘しています。北村選手は、徐々に成績を上げてきており、後半戦が楽しみです。

レイデイの今日、中里選手は、プラクティスまでは、3位とよく走っていたので、その走りを取り戻すために練習をし、後半戦に挽回を期します。

日本チームの成績

U-18男子

28 中里 健太 (38)-23-15-128-24-38

29 元津 大地 (37)-32-33-23-14-27

32 國政 真平 27-29-18-38-25-(43)

35 小泉 颯作 32-(39)-35-30-16-32

42 与那覇 一成 (45)-43-40-43-39-40

U-18女子

29 大日向 喜咲 24-30-28-29-13-(31)

33 村山 仁美  21-34-29-33-(BFD)―37

U-16 MIX

9  北村 勇一朗 12-7-OCS-11-5-8

14 国見 綾乃  6-17-18-(20)-13-12